キャリコンになろう!キャリアコンサルティング技能検定・国家資格キャリアコンサルタント試験対策のキャリ魂塾

キャリコンになろう!キャリアコンサルティング技能検定・国家資格キャリアコンサルタント試験対策のキャリ魂塾

国家資格キャリアコンサルタント試験対策のことなら学科・論述・面接指導まで全てお任せ下さい。試験情報からマル秘予想までキャリコン試験対策オタクのキャリ魂太郎が全力で合格と実務をサポートします。

キャリ魂太郎のキャリアコンサルタントの本棚

キャリ魂太郎の本棚

年間数十万円は本を買う、キャリ魂太郎の本棚ということで、おススメの書籍をご紹介していきます。

一言づつコメントを入れていければいいなと思いますが、とりあえず、順次ご紹介。

なお、私の本棚ですから、言うまでもなく全て購入済みです。

キャリコン試験対策必携図書

キャリコン試験を受験するなら、必携レベル。

(新時代のキャリアコンサルティングはPDFで配布されています。)

いずれ買うものですから、早めに買いましょう。あとは緑本とオレンジ本、そしてキャリ魂太郎の入魂レジメが試験対策必携ですね。

 

www.dlmarket.jp

www.dlmarket.jp

www.dlmarket.jp

キャリコン試験対策推薦図書

必携図書よりは重要性は低いものの、持っておいて損はないレベル。

特に古本で数百円で売られているなら買っておきたいところ。

カウンセリング理論&実務

謙虚なコンサルティングは、平積み&推しが結構凄かったので買ってみましたが、うーん、やはり日本人が書いたものと外国の方が書いたものは少し違うんですよね。

やはり私はエリクソンかな。

 

そして我らの御大将、國分康孝先生。

日経新聞の「私の履歴書」読んでいるような気分になります。

受験生にはあまりおススメしませんが、第4回学科試験で「カウンセリングの技法」から2問も出されたのが怖い、という方はさっと目を通すのもありかな。

論述試験対策

これまで、論述試験対策は学科試験の知識が必要と考えてきましたが、それよりもとにかく「文章力」の底上げが必要と感じられる受験生が多いため、推薦図書を挙げておきます。

マンガでやさしくわかるシリーズ

キャリ魂太郎のおススメ、マンガでやさしくわかるシリーズ。

初めて学ぶ分野は、まず、マンガでやさしくわかるシリーズに目を通す、ってくらいに好きです。

アサーショントレーニング

アサーショントレーニングと言えば平木典子先生。

だってアサーショントレーニングを日本に紹介したのが平木先生だから。

コーチン

 

障がい者雇用

今後もっと力を入れていきたいと考えている、障がい者雇用分野。

 

ブリーフセラピー

催眠療法

キャリ魂太郎といえば、ヒプノセラピー。古典催眠からエリクソン催眠まで。

現代催眠原論は、カウンセリングテクニック入門を執筆された大谷先生が共著者です。

マインドフルネス

ここでもやはり大谷先生。

アドラー心理学

EFT療法・EMDR

講師業

マネジメント

人事労務実務

日本法令の「~の経営と労務管理」シリーズは良書なのにあまり重版しないので購入をおススメします。

マーケティング

さすがにマケマネは積読です。飾りですね。死ぬまでには読み終えたい。

自己啓発

その他どんどん追加していきます。お楽しみに。

 

第6回国家資格キャリアコンサルタント論述模擬試験講評

おはようございます。

 

日本一しゃべるキャリコン

 

キャリ魂太郎です。

 

第6回国家資格キャリアコンサルタント試験論述対策講座終了

昨日で、第6回国家資格キャリアコンサルタント試験論述対策講座が全て終了しましたので、受講された方の模擬試験答案についての講評というか、私の感想を少し述べさせていただきます。

漢字力・文章力が低下している。

講座を終えて、まず思うことは、

 

皆さん

 

とにかく

 

・誤字が多い

・作文が苦手

 

ということです。

 

誤字は例えば

 

「収集」を「集収」

 

と逆に書いていたり、

 

「状況」と書くべきところを「情況」

 

と書いていたり、

 

「混乱」を「困乱」

 

と書いていたり・・・

 

なかでも、

 

「り暦書」

 

という答案用紙を見たときは、

 

言葉では言い表せないほど、深い絶望を感じました。

 

だってそうでしょう?

あなたが就こうとしている職業はいったい何なのかと。

 

(暦は「こよみ」やからね。)

 

そのほか、送り仮名が間違っていたりもしますので、概ね8割の受験生に誤字・脱字があるように思います。

 

読み手のことを考えた、読みやすい文章を書く。

文章も読みづらいことが多いです。

 

例えば

 

修飾する語と修飾される語を離して書かない

 

「Aがない、Bが足りないなど、自己理解・仕事理解が不足している。」

 

このような文章を書く方が、少なくありません。

 

「~によりAがないなどの自己理解不足がみられ、また、~という点からBがないため、仕事理解が不足している。」

 

と書いたほうが、それぞれの対応(A➡自己理解不足、B➡仕事理解不足)が分かりやすくなりますよね。

(また、こういった書き方をすることにより、Aがない=自己理解不足、Bがない=仕事理解不足と正確にとらえていることが、試験官にも伝わります。)

 

そのほか

 

「関係構築を築く」

 

といった二重表現をされる方も少なくありません。

こういった表現にも注意してください。

 

読み手のことを考える。

論述試験は日記ではありませんから、

 

読み手である試験官のことを考えて、読みやすい文章を書くようにしてください。

 

 

また、字が汚くても、丁寧に書いていれば読めるし、読めれば採点はしてもらえるわけですから、字が汚いからといって減点はありませんし、私も字が汚いことをもって減点にすることはありません。

(私も字は汚いですしね)

 

しかし、誤字脱字は減点される可能性がありますし、理解しにくい文章は誤解される可能性があります。

 

Word等を使うことで、漢字が書けなくなったのは、誰しも一緒かもしれませんが、

 

「読み手のことを考えて文章を書く」

 

ということができる方が、年代を問わず想像以上に少ないように感じます。

 

それは、クライエントとの面談でも、

 

「伝わりやすい言葉で話せない」

 

ということにつながるのではないでしょうか。

 

文章が苦手という自覚のある方は、社説を書き写すなど、読みやすい文章を書く訓練をしてみてください。

 

「先生」と呼ばれる職業に就くということ、そして「言葉」が生命線の職業であるということ。

もちろん、実際の論述試験でどのような採点がされているかはわかりません。

 

誤字脱字に減点があるのかどうかすらわからないのが実際のところです。

 

しかし、減点されようがされまいが、

 

誤字脱字や不適切な表現等は、

 

「採点する試験官にとって、良い気分になるものではない」

 

のは確かです。

 

なぜならば、どの試験官も、試験官は一人残らず、

 

キャリアコンサルタントのレベルが上がる

 

ことを望んでいるからです。

(自分が合格した時のことはおいておいて笑。でもそれが人情ですよね)

 

そして、キャリアコンサルタントは、言葉が商売道具です。

わずか1文字でも、相手の受ける印象は大きく変わるということを肝に銘じて下さい。

 

例えば

A:「キャリアコンサルタント資格ですか、私「も」持っています」

B:「キャリアコンサルタント資格ですか、私「でも」持っています」

どうですか?

 

たった1文字で、発言者の印象が変わるの、わかりますよね。

 

なので、今回のエントリーを読んで、

 

あ、自分のことかも・・・と思われる方は、

 

ご自身が

 

相談者から「先生」と呼ばれる仕事

 

に就こうとしているんだ

 

ということ

 

そして

 

「言葉」がキャリアコンサルタントの生命線である、

 

ということについて

 

しっかりと考えて取り組んでください。

 

私が購入したもので、文章力が上がるお勧めの1冊はコチラ。

古本なら僅か数百円で買えますし、文章作成能力は、身に着けて決して損はしないスキルです。

 

 

そして、「文章作成におけるテクニカルなポイント」というのは、気づけばすぐ改善できるため、点数が上がりやすいポイントです。

ぜひ、誤字脱字、文章表現について、ご留意いただけましたら幸いです。

f:id:career19:20170320235639j:plain

 

99%のキャリアコンサルタントが知らない、起業による「豊かなキャリア」形成に必要な魔法の質問。

おはようございます。

 

日本一しゃべるキャリコン

 

キャリ魂太郎です。

 

今回のタイトルは、

 

「99%のキャリアコンサルタントが知らない」

 

と銘打ちました。

 

なぜそう言えるか。

 

キャリア心理学でもキャリア発達理論でもなく、「成功」「起業」という視点からキャリア形成を語れるキャリアコンサルタントが殆どいないからです。

 

殆どのキャリアコンサルタントは、ハローワークEAP機関、人材ビジネス企業に雇われているので、「起業で成功する方法」については何も語ることができません。

 

そして、起業している独立キャリコンであっても、起業の成功ラインと言える、「10年」を迎えているキャリコンは殆どいないのが現実です。

(例えば、10年の実務経験が求められる1級技能士の受験人数は毎回500~700名程度です。これは、全キャリコンを50,000人としたとき、1%です。当然全ての受験者が独立キャリコンではないため、実際はもっと少ない計算になります)

 

と、前置きが長くなりました。

 

そんなわけで。99%のキャリコンが知らない、「豊かなキャリア」に必要な魔法の質問をひとつ、ご紹介します。

 

「あなたのこれまでのキャリアのなかで、

1.高い評価を得た。

2.そのノウハウを教えてほしいと頼まれた。

この2つの条件を満たす経験はありますか?」

 

単なるキャリア形成ではなく、「豊かなキャリア」形成のために、何を考えてもらうか。

そのために必要となる質問の一つが、この質問です。

 

これは、マーケティングの神様ともいわれる、ジェイ・エイブラハムが考えたものです。

ぜひ、考えてみてくださいね。

 

f:id:career19:20170320235639j:plain

 

第7回国家資格キャリアコンサルタント学科試験対策講座 日程確定分のご案内

おはようございます。

日本一しゃべるキャリコン

キャリ魂太郎です。

少し早いですが、第7回試験が2月25日のため、
対策講座日程がどうしても年末年始を挟むということもあり、
取り急ぎ第7回学科試験対策講座の日程を一部確定させました。

12月23日 大阪

career19.ocnk.net

12月24日 大阪

career19.ocnk.net


1月13日 名古屋

career19.ocnk.net


となります。

また、予定ではありますが1月6~8日を東京での学科講座に、その他、面接講座は2月10~12日を東京ANAインターコンチネンタルにて日程を確保できるか確認中です。

ご検討頂けましたら幸いです。

f:id:career19:20170222045753j:plain

 

国家資格キャリアコンサルタント面接試験に100%不合格になる受験生

こんにちは。

 

日本一しゃべるキャリコン

 

キャリ魂太郎です。

 

今回は、

 

キャリコン面接ロープレ試験で、100%不合格になる方について。

 

お忙しい受験生の皆様ですから、さっさと続けます。


面接試験に100%不合格となる方は、下記の「相談者の2重の不安」を解消できない方です。


・このキャリコン信用できるのかしら
・このキャリコンに私の問題を相談して解決できるのかしら


これを解消できなければ100%落ちます。

 

どうやって解消するのか。

 

いくつも方法はありますが、一つを挙げます。

 

笑顔で接すること。

 

です。

 

私の経験上、表情のこわばっている方、睨むような怖い方はほぼ100%面接試験で60点に到達しません。

 

(面接試験の60点を合格とは言いませんが、分かりやすくするためにそう言っているとご理解頂けましたら幸いです)

 

これは、適性を見る試験ですから、笑顔の方が相談者を安心させることが分かっているにもかかわらず、それをしない方は落ちるんです。

皆さんが試験官の立場で考えてもそうではないでしょうか。

 

だから

 

f:id:career19:20171107160746j:plain

バガボンド©井上雄彦 講談社

f:id:career19:20170222045753j:plain

 

国家資格キャリアコンサルタント学科試験予想問題1

おはようございます。

日本一当てるキャリコン

キャリ魂太郎です。

キャリ魂塾オリジナルキャリアコンサルタント学科試験対策問題集企画スタート

そろそろ、キャリ魂塾オリジナルの学科試験対策問題集を作ろうと考えておりますので、そのサンプルがてらに皆様に予想問題としてお送りしたいと思います。

特に、過去問では学習しずらい、白書や各種調査についての問題をメインに、ちょこちょことお届けしますので、お楽しみに。

 

では第一弾から。

第6回国家資格キャリアコンサルタント学科試験・第19回2級キャリアコンサルティング技能検定学科試験予想問題

問1 厚生労働省が実施する能力開発基本調査(平成28年)において、キャリア・コンサルティングの導入促進に関する次の記述のうち、不適切なものはどれか。

1.正社員に対してキャリアコンサルティングを行うしくみを導入している事業所は 44.5%となり、前回より増加している。

2.産業別に見ると、金融業,保険業、複合サービス事業、電気・ガス・熱供給・水道業で70%以上となっているが、40%を切っている産業もある。

3.導入の目的として最も多いのは「メンタルヘルス上の理由による長期休業等の予防や職場復帰支援のため」であり、この領域での知識・技能の取得がキャリア・コンサルタントには必要である。

4.キャリアコンサルティングを行うしくみを導入していない事業所のうち、キャリアコンサルティングを行っていない理由は、「労働者からの希望がない」が正社員 、正社員以外ともに最も高くなっている。














1.正しい 正社員に対してキャリアコンサルティングを行うしくみを導入している事業所は 44.5%(前回37.9%)となり、前回より増加している。

2.正しい そのとおりである。

3.不適切 キャリアコンサルティングを行うしくみを導入している事業所のうち、キャリアコンサルティングを行う目的は、正社員、正社員以外ともに

「労働者の仕事に対する意識を高め、職場の活性化を図るため」
「労働者の自己啓発を促すため」

が高くなっている。

また、正社員では「労働者の希望等を踏まえ、人事管理制度を的確に運用するため」も半数を超えている。

4.正しい。そのとおりである。

 

ということで、正解は3でした。

 

f:id:career19:20170320235639j:plain

 

キャリコン試験を効率的に勉強する・・香りを活用する。

おはようございます。

 

日本一しゃべるキャリコン

 

キャリ魂太郎です。

 

さて、おかげさまを持ちまして、

 

第6回国家資格キャリアコンサルタント試験対策講座のうち、

 

学科試験対策講座については、リアル講座は全て終了致しました。

 

あとは、ライブ録音をした通信教材講座と、実技講座を残すのみです。

 

いよいよ直前期となってきましたし、気合を入れなおしてやっていきましょう!

 

ということで、学科試験対策として、記憶力をアップしていくような情報もドンドンお届けしていきます。

 

前回はサプリメントのお話をしましたので、今度はアロマ(香り)のお話し。

 

アロマオイルで記憶力や集中力をアップして、効率よく勉強しよう!

実は、香りは記憶力や集中力のアップに大きく影響すると言われています。

記憶力・・ローズマリー

ローズマリーの香りを嗅ぐと、気分がスッキリすると言われています。

このスッキリ効果は、1.8シオネールという成分によるものだそうで、集中力も高めてくれるようです。

また、ローズマリーは血液循環を促進する働きがあるとも言われており、脳への血液循環を増やすことも期待できるとされています。

特に学科などの暗記系の勉強をするときは、ローズマリーの香りを嗅ぎながら勉強をするというのも一つの手ではないでしょうか。

ただし、妊娠中や授乳中の方、またてんかん・高血圧のある方などはご使用頂かない方が良いようですので、ご注意ください。

集中力・・オレンジスイート

オレンジスイートの香りを嗅いだ小学生に計算をさせてみたところ、ミスが3割減ったとの調査結果があるとのこと。

このオレンジスイートの精油の香りにも、脳への血流増加効果があるようで、勉強前に数十秒香りを嗅ぐだけでよいそうです。

 

 

ちなみに私は、↓のようなアロマポットを使って、香りを焚いていました。

お忙しい方はAmazon等の通販でも買えますが、100円均一ショップにも売っていますので、気分転換に100円ショップに行かれるのも良いのではないでしょうか。

ただ、アロマオイルは100円ショップのは香料を合成したもの?と聞いたことがあるので(定かではありませんが)、やはりこちらは天然のものを買う方がいいのかもしれませんね。

 

ともあれ、色々なアイテムがありますから、それらも使って効率よく楽しく勉強をしましょう!

なお、アロマポットを使ってアロマオイルを焚くときは、火の取り扱いには十分ご注意下さいね。

f:id:career19:20170222045753j:plain