キャリコンになろう!キャリアコンサルティング技能検定・国家資格キャリアコンサルタント試験対策のキャリ魂塾

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キャリコンになろう!キャリアコンサルティング技能検定・国家資格キャリアコンサルタント試験対策のキャリ魂塾

国家資格キャリアコンサルタント試験対策のことなら学科・論述・面接指導まで全てお任せ下さい。試験情報からマル秘予想までキャリコン試験対策オタクのキャリ魂太郎が全力で合格と実務をサポートします。

厚生労働省認定キャリアコンサルタント養成講座開講に向けた準備を始めます。

日本一喋るキャリコン、キャリ魂太郎です。

 

さて、いよいよキャリ魂塾は、養成講座開講に向けた準備を始めました。

 

既存の養成講座が、

 

「プロを育てているから受験指導はしない」

 

といったおためごかしで、

 

「合格してはじめてプロ」

 

という現実から逃避し、受講生に過剰な負担をかけている現状(基本講座で47万円とるくせに、さらにオプションで7万円とる講座があるそうです)を打破すべく、

 

「本当に相談者の役に立つプロを育成する」

 

養成講座を開講したいと考えています。

 

ふんふんはあはあへえへえほうほう

 

言ってるだけなら、学科試験の知識は不要です。

 

頷きだけ、相槌だけなら、そのへんの愚痴聞き屋と一緒です。

 

指導と助言ができる、国家資格者たるプロのキャリアコンサルタントを育成する。

 

これを理念に、養成講座の開講に向けて、準備を致します。

 

これまで多くの塾生から頂いた、既存養成講座への不満の数々を、全て解消する。

 

そんな養成講座を目指します。

 

そして、同時に合格者にもキャリコンとして活躍する場を作りたいと思います。

 

日本一喋るキャリコン、キャリ魂太郎でした。

f:id:career19:20170320235639j:plain

【全額返金保証】第5回国家資格キャリアコンサルタント学科試験対策講座のご案内

f:id:career19:20170509102018j:plain

f:id:career19:20170509102013j:plain

f:id:career19:20170513170659j:plain

社会保険労務士産業カウンセラーメンタルヘルスマネジメント検定2種、国家資格キャリアコンサルタント試験、2級キャリアコンサルティング技能検定試験学科試験まで全て一発合格(1級キャリアコンサルティング技能検定学科試験94点合格)、THP心理相談員研修も修了しているキャリ魂太郎による、第5回国家資格キャリアコンサルタント学科試験対策講座です。

【概要】
国家資格キャリアコンサルタント学科試験過去問詳細解説のパイオニア、キャリ魂太郎が学科試験の出題範囲について詳しく解説し、幅広い出題範囲の中で特に注意すべきポイントを、楽しく笑いとともにお伝えします。

国家資格キャリコン、2級キャリコン技能検定、1級キャリコン技能検定は全て30分で退席しているキャリ魂太郎が、選択肢を切るポイントを詳細解説。

キャリアカウンセリング理論から労働関係法規・白書までの合格ポイントをわずか1日で一気に解説。
過去問題の一部解説も含めた学科試験対策講座となります。

自信があるからどこにもマネのできない「返金保証付」!学科試験不合格となった場合、受講料を全額返金いたします。
(学科試験不合格に限ります。実技試験不合格は対象外。また試験当日欠席も対象外です。)

coubic.com

coubic.com

coubic.com

coubic.com

f:id:career19:20170320235639j:plain

私は恐いです。

日本一喋るキャリコン

 

キャリ魂太郎です。

 

私は恐いです。

 

何のことかというと、

 

ロープレ中のCL役をしている時の私です。

 

完全に役に入り込んでいますから、

 

・テキトーなこと(知識があやふやなこと)

・知ったかぶり

・間違い(名前の間違いとかですね)

・誘導

 

そういったNG行為には、結構怒ったりします。

 

場が一気に静まります。

 

ロープレ相手が年上だろうが、上場企業の人事だろうが、怒るときは怒ります。

 

じゃないと、私がCL役をしている意味がないですから。

 

昨日もCL役をしていて怒りました。

 

「あなたさっきから「お友達に相談しろ相談しろ」と言っているけど、私がいつ友達と言った?知人としか言ってないでしょ!相談できるような仲ならここに来るか!」

 

という感じです。

 

私は皆さんに、1時間5,000円のキャリコンになるように言っています。

 

つまり、15分なら1,250円払ってあなたの目の前に座っているとイメージしてください。

 

しょうもないことを言ったり、失礼なことを言ったりしたら、怒ります。

毎週20事例やるんですよ。もう何十回もやっている事例もあります。

(きちんと悩みを解決してくれたら、泣いてしまうこともありましたよ。ええ恥ずかしいですよ。何で泣いてんだよ俺ってなもんですよ。)

 

養成講座の同期は

 

怒れない。

 

同期だから。

 

だから嫌われるのは私だけでいいんです。

 

嫌われたっていいんです。あなたが合格すればそれでいいんです。

 

好かれたいですよそりゃ。

 

でも、好かれるより前に、あなたに合格してもらいたいんです。

 

だから、怒ります。

 

こういうCL役に慣れておけば、

 

キャリ協がどんなCL役を用意してきても、対応できるじゃないですか。

 

黙るCL

しゃべるCL

 

これは同期でもできるでしょう。

 

だから私は怒ります。態度悪くします。

 

受験生の合格のために。

 

日本一しゃべるキャリコン、キャリ魂太郎でした。

 

f:id:career19:20170320235639j:plain

日本で1番、キャリアコンサルタント試験情報の集まる場所があります。

日本で1番喋るキャリコン、キャリ魂太郎です。

 

実は、日本で1番キャリアコンサルタント試験情報が集まる場所があります。

 

どこか。

 

それが、キャリ魂塾共進会です。

 

キャリ魂塾受講生とメルマガ読者だけが参加できる、このフォーラムは、既に96名の国家資格キャリコン合格者と受験生がいます。

 

キャリアコンサルタント登録者は27,000名弱います。

 

しかし、平成28年の第1回国家資格キャリアコンサルタント試験合格に始まる、

 

「新世代キャリアコンサルタント

 

は、まだ3,000名程度しかいません。

(1回の試験合格者が約1,000名~1,500名程度のため)

 

次回の第4回国家試験合格者を加えても、4,000名強です。

 

そう。

 

新世代キャリコンの2.5%は、既にキャリ魂塾共進会に参加しているのです。

 

そして、キャリ魂塾共進会は、

 

「全員が合格・全員で合格」を理念とする、情報共有・ロープレ練習仲間の集う場。

 

そして

 

「実名」

 

での参加です。

 

ネット上のいい加減な情報とは全く異なる、実名での情報提供の場。

 

断言します。

 

これだけ大規模で活気のあるフォーラムはどこにもありません。

 

キャリ魂塾共進会へのご参加は、下記メルマガ登録をしていただくことで、共進会参加URLが配信されますので、その際にご参加が可能です。

 

キャリアコンサルタント試験・実務サポートメルマガ

  • 国家資格キャリアコンサルタント試験、キャリアコンサルティング技能検定試験の最新情報はもちろん、キャリアコンサルタント実務に役立つ情報をいち早くお届けします。
    メルマガ配信のみをご希望の場合は、メールアドレスだけの登録でOK!
    メールアドレスを入力し、登録をクリックしてください。
  • 配信を停止する場合は、登録されているメールアドレスを入力し、解除をクリックして頂くだけで、簡単に配信停止が可能です。
 
 

f:id:career19:20170320235639j:plain

講座のキャンセル・変更についてお受けできない理由

こんにちは。キャリ魂太郎です。

おかげさまで多くの受験生の方に受講頂いており、大変感謝しております。
受講の際のご注意にも記載しておりますが、キャンセルについて、改めてお伝えさせて頂きます。

キャリ魂塾は、現在のところ私がメインで行う少人数講座が特徴です。
特にロープレ講座は、一回あたり平均5人前後の少人数開催となっております。
皆様も受講料や会議室賃料相場についてご存知のように、また社会人である皆様であればご理解頂けるように、仮に受講生が4人であれば会議室代、交通費等で利益と呼べる水準に達しません。

その為、災害時などを除き、キャンセルはお受けできない状況です。
おひとりのキャンセルを認めると、キャンセルを全て認めないと不公平になります。
そうすると、わずか1~2名のキャンセルで赤字となることもあり、開催自体ができなくなりかねません。

開催出来なくなれば、せっかく受講を楽しみにして頂いている他の受講生の方の勉強の機会を奪うことになります。
会場によっては開催しなくても(中には数か月前のキャンセルでも)キャンセル料が発生することもあります。

キャリ魂塾では、キャンセル時も講座音声ファイルのご送付及びスカイプロープレで対応しており、受講生の皆様に不利益はございません。
キャリ魂塾は皆様の合格のため、まず何より安定した開催を第一に考えております。

全員で合格、全員が合格。その為にも、キャンセルはお受けできない旨、このようなことを申し上げるのは大変恐縮ではございますが、何卒ご理解のほどをよろしくお願い申し上げます。
※受講日の振り替えに関しましても、キャンセル同様お受けできないことがございます。ご了承下さい。

f:id:career19:20170320235639j:plain

初めての返金作業(予想問題付)

おはようございます。

キャリ魂太郎です。

 

グーグルは同じ内容の記事があると、低評価をしたりするそうですが、アメブロが好きな方もいれば、はてなを読む方もいると思うので、グーグル様の意向に沿わないのは怖いのですが、似たような記事を両方で書いています。ご容赦ください。

第3回試験に、残念ながら不合格となった方への返金作業を終えました。

(不合格の際の返金は、末締め翌15日を目途に行っています。)

あれ、第2回は?と思われた方、鋭いですね。

第2回試験対策講座では、

金保証対象講座受講生の不合格は無かったのです。

そう、実は返金保証対象講座では、なんと合格率100%だったのです。

当時は受講人数も少なかったですし、
キャリ魂塾もなかなか検索に表示されませんでした(笑)ので、
かなり調べている人でないと、
辿り着かなかったというのもあるかもしれません。


そして、ひとりひとりの顔を思い浮かべながら、返金作業をしていると、

色々な思いが浮かんできます。

どうすれば納得してもらえただろう
どう伝えたらコツがわかってもらえたんだろう
どうすれば理解しやすい講座になっただろう

合格の二文字を手に入れていただくために、何が必要だろう

そう思うわけですよ。


中には不合格になって当然だと思う方もいますよ。

そういう方は、FAX一枚で結果と振込先を書いて送ってくるだけ。

ね、ひっどいでしょ。

本人もそれは当然残念でしょうが、私だって同じように残念なわけです。
大阪と東京を夜行バスで往復して、声を枯らして講義して、

皆様に嫌われるようなCL役をして・・・

そういう気持ちを一切汲まないわけですよ。そりゃ落ちますわ。


言うても全員の顔を知っているんですよ。

同じ時間を共有し、数時間必死で、真剣に練習したわけですからね。

第2回で不合格だった方は、返金対象講座の受講生ではありませんでしたが、

しっかりと自分のできなかったところを振り返り、

つらい気持ちの中、私にも優しい言葉をかけてくれた上で、

次回へのリベンジを宣言したメールをくれました。

本当に、なんでこういう方が落ちるのかと。
試験官の目は節穴かと。そう思うわけですよ。

そして、第3回試験で見事合格されました。

(もちろん私もサポートさせていただきましたよ(*'▽'))

確かに不合格は悔しい。私だって不合格を経験していますから、

それは凄く凄くわかります。

だけれど、教えている私も悲しんでいるという

この私の気持ちにまで寄り添ってくださる方だからこそ、

合格の二文字を手に入れられるんだと思います。

そういう人がキャリコン業界に増えれば、

もうこんな素晴らしい業界はないですよね。

ということで、キャリ魂塾生は、私に寄り添ってくださる

素晴らしい方ばかりですから、大丈夫、全員合格します。


さて、いよいよ試験直前と言って差し支えない時期に入ってきました。

皆様、死ぬ気で勉強しましょう。

あ、私はいつもこれが最後の講義になっても後悔しないように
すべてを教えていますからね。

ミサイルが飛んでこようが、バスが事故ろうが、過労死しようが、

全員にその時点の私の全てを伝えています。

そりゃそうですよ。ミサイルが飛んでくるかもしれないというのに、

安全な遠方から、わざわざ大阪や東京に来てくれる受講生がいるわけです。

なんと命知らずな受講生でしょうか。受講生がミサイルを恐れないのに、

私がミサイルを恐れるわけにはまいりません。

ということで、いきなり問題。

ユースエール認定について述べた、
下記の文章のうち、誤っているものはいくつあるか。


1.ハローワークで重点的PRを実施してもらえる。
2.「若者雇用促進総合サイト」に認定企業として掲載してもらえる。
3. ユースエール認定企業限定の就職面接会などへの参加が可能となる。
4. 自社の商品、広告などに認定マークの使用が可能。
5. 若者の採用・育成を支援する関係助成金の加算措置がある。


1.なし
2.1つ
3.2つ
4.3つ







簡単だと思う問題も、出題の方法をちょっとひねるだけで、
多少難度が上がりますね。

答えは








そう

1 なし です。

すべて正しいですね。

ユースエール
えるぼし
くるみん

このあたりは、違いや趣旨、メリットを覚えておきましょう。

だって、「人手不足」なんでしょ?企業も差別化が必要なわけですよ。

差別化する方法って?それを知っているのは?

キャリコンでしょう。

だから覚えておいてくださいね。

講座を受講された方はご存じでしょうが、
リアル講義も大体こんな感じでやってます。

キャリ魂太郎でした。

f:id:career19:20170320235639j:plain

大阪で生まれた男やさかい、値切らない。

キャリ魂太郎です。

私は、大阪で生まれた男やさかい、東京には~ようついていけん、どころか

東京に行くたびにテンションが上がります。

品川に近づくと、

うわービルだー

ってなもんです。

渋谷に行けば

うわーパーリィピーポーだー

ってなもんです。

銀座を歩けば、うわーハリーウィンストンだーとキョロキョロしております。

そんな大阪人の私ですが、

値切りません。

例えば、

コンサルタント、カウンセラーや士業に対して、値切るということは、


相手に対して

「お前にそんな値打ちはない」

と言っているのと同じです。

家を建てて欲しいのに、値切る。

「お前の建てる家にそんな値打ちはない」

そう言っているのと同じです。

値切るというのは、言い方を変えれば、相手の価値を否定しているんです。

そう、ある意味では喧嘩を売っているのと同じです。

元々、値引きを想定して値付けをしているかもしれません。

それは、喧嘩を売られることを想定して値付けをしているわけですね。

だから「値引く」ことを、

「負ける」

というんですよ。たぶん。私が今そう思っただけです。

なので、私は

「買う」か「買わないか」

それだけです。

値切らない。

「高いから買えない。」と伝えたときに、相手から値段を下げる分には知りませんけどね。

それは相手が自分から自分の値打ちを下げているわけですから、私もそこまで関与できません。

だって

ラーメン屋でラーメン食って、不味かったから値下げしろ、なんて言わないでしょ。

ラーメン買う前に、チャーシュー要らないから100円引いてくれ、なんて言わないでしょ。

相手を見てものを言うなんてことはしない。

誰に対しても、値下げしてくれとは言わない。

だからこそ、お値段以上の価値を提供する。

こんな大阪人、キャリ魂太郎です。

f:id:career19:20170320235639j:plain