キャリコンになろう!キャリアコンサルティング技能検定・国家資格キャリアコンサルタント試験対策のキャリ魂塾

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キャリコンになろう!キャリアコンサルティング技能検定・国家資格キャリアコンサルタント試験対策のキャリ魂塾

国家資格キャリアコンサルタント試験対策のことなら学科・論述・面接指導まで全てお任せ下さい。試験情報からマル秘予想までキャリコン試験対策オタクのキャリ魂太郎が全力で合格と実務をサポートします。

キャリアコンサルティングに使えるカウンセリング技法・・・リフレーミング

本日(といっても日が変わっていますが)は、大阪市後援の習い事ひろば レジリエンス講座にて講師をしていました。

 

今回のテーマはリフレーミング(リオリエンテーション

 

「私達を苦しめるのは、物事そのものではなく、それらについての意見である」

エピクテトス

 

フレーミングは、特にNLP等で有名になった技法です。

 

 

そもそも、物事には意味はありません。

 

我々がめいめい勝手に物事に意味づけを行っているだけです。

 

例えば、

 

「上司は明らかに私にだけ厳しくあたる。」

 

この物事自体は本当に、ただ単に「上司が私にだけ厳しい」だけなんです。

 

しかし、この物事に、個人の価値観や考え方が作用すると、

 

・上司に嫌われている。私にだけ期日も厳しいし、いつも怒る。

 

こうなることは珍しくないでしょう。

 

しかし、同僚から下のような話を聴かされたらいかがでしょうか。

 

「お前には言うなって言われているんだけど、上司は、実はお前に凄く期待していて、将来の幹部候補だと考えていて、社長にもあいつは厳しく育てますと直々に伝えたそうだぞ」

 

この話を聴いた瞬間から、上司の見方が変わりませんか?

 

物事というものは、どのような物事でも、意味はありません。

 

そこに勝手に個々人が、自分に都合よく意味を加えているだけなんです。

 

だから、そういった思考の枠組みを変えてあげる支援をする。

 

それがリフレーミングです。

 

 

CC どうして今の仕事が辛いのですか?

 

CL 上司に嫌われているからです。

 

CC どうして上司に嫌われていると思うのですか?

 

CL 私にだけ辛く当たるのです。

 

CC 「       ①       」

 

この①にどんな言葉を入れれば、CLのリフレーミングに繋がるのか、考えてみるのも良いかと思います。