キャリコンになろう!キャリアコンサルティング技能検定・国家資格キャリアコンサルタント試験対策のキャリ魂塾

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キャリコンになろう!キャリアコンサルティング技能検定・国家資格キャリアコンサルタント試験対策のキャリ魂塾

国家資格キャリアコンサルタント試験対策のことなら学科・論述・面接指導まで全てお任せ下さい。試験情報からマル秘予想までキャリコン試験対策オタクのキャリ魂太郎が全力で合格と実務をサポートします。

キャリコン試験・キャリアコンサルタントの実務に役立つLGBT調査結果

連合がLGBT(性的マイノリティ)に関する調査結果を公表しました。

調査結果のポイントは下記のとおりです。

1.「LGBT等(性的マイノリティ)当事者」は8%

  ※この調査におけるとは、LGBT等とは、
   レズビアン(女性同性愛者)、ゲイ(男性同性愛者)、
   バイセクシュアル(両性愛者)、トランスジェンダー性同一性障害等)
   に加え、アセクシュアル(他者に対して恋愛感情も性的感情も向かない者)等も
   含んでいます

2.「LGBT」の認知・イメージ
  ・「LGBT」の認知率は47%。若い世代ほど認知率が高い傾向
  ・「LGBT」のイメージの最多は「他の人と変わらない存在」

3.職場における「LGBT
  ・職場の人からLGBTをカミングアウトされた・カミングアウトしていると
   聞いた……7%が経験
  ・上司・同僚・部下がLGBTだったとしたら?
   6割半ばが『嫌でない』と回答するも、3割半ばは『嫌だ』
  ・抵抗を感じるのは女性より男性、世代では若い世代より上の世代
  ・上司・同僚・部下がトランスジェンダー性同一性障害)だったとしたら?
   『嫌でない』が7割半ばも、『嫌だ』が2割半ばに
  ・一般社員より管理職のほうが職場のトランスジェンダーに抵抗を感じる傾向

4.職場における「LGBT」に関するハラスメント
  ・受けたり、見聞きしたりした人は2割強
   「LGBT」が身近にいる人では約6割と高くなることから、多くの人が
   ハラスメントに気づいていない可能性も
  ・原因の上位は「差別や偏見」「性別規範意識
   「防止・禁止すべき」は5割半ば
  ・職場における「LGBT」に関する差別を「なくすべき」は、8割強

5.職場におけるトランスジェンダー配慮とLGBT関連の施策
  ・職場でトランスジェンダーへの配慮が課題になった・課題になったと
   聞いた……1割。管理職では4人に1人。
  ・髪型や服装について
   約4割が「性自認に基づいて自由な装いをできるよう配慮が必要」と回答
  ・お手洗いや更衣室等の施設利用について
   半数近くが「性自認に基づいて利用できるよう話し合いや調整の配慮が
   必要」と回答
  ・職場で同性カップルが異性カップルと同等に使える制度の有無
   「わからない」が半数以上
  ・職場にあるとよいと思うLGBT関連の施策
   上位は「ハラスメント防止対策」「差別禁止の方針を明らかにする」
   他に「トランスジェンダーへの配慮」や「相談窓口の設置」も
  ・「LGBT」の差別をなくすための法整備をすべき……4割半ば

※調査の詳細は下記でご確認下さい。
 

http://k.d.combzmail.jp/t/69ah/f0udodu0mq3cxs0dsiUPH

career19.hateblo.jp