キャリコンになろう!キャリアコンサルティング技能検定・国家資格キャリアコンサルタント試験対策のキャリ魂塾

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キャリコンになろう!キャリアコンサルティング技能検定・国家資格キャリアコンサルタント試験対策のキャリ魂塾

国家資格キャリアコンサルタント試験対策のことなら学科・論述・面接指導まで全てお任せ下さい。試験情報からマル秘予想までキャリコン試験対策オタクのキャリ魂太郎が全力で合格と実務をサポートします。

コミュニケーション技法・・・分離法

カウンセリング技法等

コミュニケーション技法というか、カウンセリング技法というか、この辺は曖昧なわけですが(カウンセリングの全ての技法はコミュニケーション技法と言えるわけですし)、

 

分離法とは、本来は一体であるものを分離して提案することで、展開をスムーズに行う技法です。

 

例えば

 

「今お話頂いた中で、一番つらいと感じられるのはどの状況でしたか?」

 

という言葉は、「本来は全部つらいが、一番つらいことを分離する」という効果を発生させます。

 

そうすることで「一番つらいこと」を後回しにするのか、先に片付けるのか、といった展開につなげることが出来ます。

 

「もし、ご検討いただくとしたら、1.ハローワークに行く 2.民間のエージェントに登録する 3.駅などにおいてある無料の求人誌を読んでみる どれがいいでしょう?」

 

これは、実際には全て現実の話ですが、「もし~たら」という言葉を使うことによって、現実の話から仮定の話として分離することで、こちらも展開しやすくなる効果があります。

 

また使ってみてください。分離法でした。