キャリコンになろう!キャリアコンサルティング技能検定・国家資格キャリアコンサルタント試験対策のキャリ魂塾

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キャリコンになろう!キャリアコンサルティング技能検定・国家資格キャリアコンサルタント試験対策のキャリ魂塾

国家資格キャリアコンサルタント試験対策のことなら学科・論述・面接指導まで全てお任せ下さい。試験情報からマル秘予想までキャリコン試験対策オタクのキャリ魂太郎が全力で合格と実務をサポートします。

キャリコン試験に「心を読む」必要はありません。

雑談

昨今は心理学ブームです。

昨今といっても、もう5年以上は続いているように感じます。

スタートは確か、「占い師はどうして信用されるのか」みたいな

いわゆる「コールドリーディング」の本から始まったような気もしますし、違うのかもしれません。


しかしそれ以来

書店に行けば「心を上手に透視・・」「相手を支配する~」「黒い心理学で云々」

こんな刺激的なタイトルの書籍が平積みで溢れています。

どれも結構売れているのでしょう。NLP的なVAK分析による技法もそこそこメジャーになってきていると思います。


私もこういう系統の書籍を7~8年くらい前に1冊買いました。


しかし、その1冊でやめました。

 


(VAKというのは、人が情報を集めたり、思考するときに、何を重視しているか、視覚・聴覚・触覚のどれを使っているか、という話です。

まあNLPはかの神田昌典氏ですら、個人的にはビジネスでは使えなかった結論付けていますから、神田昌典氏が使えないものを私が使えるはずもありませんね笑)

 


結局「相手を出しぬくこと」「相手よりも優位に立つこと」「相手をできるだけ自分の目的に沿って動かすこと」が目的であり、

カウンセリングとは何も関係がないからです。


そして、試験対策で言うなら、これらは何の役にも立ちません。

そもそも、CL役は「役」ですから、全てウソです。

ウソを見抜く以前に、全てウソです笑


「相手を動かす」ことよりも「相手の本心を見抜く」ことよりも


キャリコン試験では、CLを尊重することが必要です。

 

ただ、

 

「相談場面の設定」

 

というのがありますよね。

この「相談場面」をリードするのはCCです。

 

CLに引っ張りまわされると、ロープレは絶対に上手くいきません。

 

CLを尊重しつつ、「自分が必要となる情報(=相手の助言と指導に必要な情報)」を引き出す。

 

それがロープレ空間です。

それが出来れば「心を読まなくても合格できる」わけです。


あなたは、Daigoのような、他人の心を読むメンタリストになりたいのか、それともキャリコン試験に合格したいのか、どっちですか?

 

career19.hateblo.jp

 

peraichi.com

 

career19.hateblo.jp