キャリコンになろう!キャリアコンサルティング技能検定・国家資格キャリアコンサルタント試験対策のキャリ魂塾

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キャリコンになろう!キャリアコンサルティング技能検定・国家資格キャリアコンサルタント試験対策のキャリ魂塾

国家資格キャリアコンサルタント試験対策のことなら学科・論述・面接指導まで全てお任せ下さい。試験情報からマル秘予想までキャリコン試験対策オタクのキャリ魂太郎が全力で合格と実務をサポートします。

キャリアコンサルタント試験用語の覚え方と解き方のポイント

キャリコン試験頻出・注意用語

キャリアコンサルタント試験に限らず、検定・資格試験は覚えることがたくさんあります。

暗記のコツとしては、基本的には

・頭の文字で繋げる

というのが手早く、また有効です。

例えば、スーパーのライフステージ 成長期、探索期、確立期、維持期、衰退期 の場合だと、頭文字をとって

せい
たか

っす

スーパー 背 高い っす

と覚えます。(頭文字と言うのは柔軟に)

スーパーですから、超背が高い

これでOKですね。


マズローの五段階 生理・安全・親和・自尊・自己という場合

生きてて


自尊
自己

生きてて安心自損事故

って感じですね。

外国の理論は研究者によって訳し方が違いますが、覚えやすい訳で覚えましょう。

社会的欲求じゃないの?って思うかもしれませんが、マズローの五段階も、色んな記載例があります。


そしてその辺りの正誤が出題されることは殆どありません。なぜなら、他の訳を否定することになるからです。

スーパーでも、衰退期を解放期とする書籍がありますが

これも、「解放期」という言葉を知らないから×というのは危険です。

数字は誰が見ても1は1ですし、two なら2ですので

50%である。○×と言う問題は作れます。

しかし、訳の○×は出しにくい。

レビンなのかレヴィンなのかで○×なんて出来ないのと同じですね。

なので、覚えやすい訳で覚えて、覚えにくい訳は見ておくだけでも全然違います。

career19.hateblo.jp

peraichi.com

career19.hateblo.jp

career19.hateblo.jp

career19.hateblo.jp