キャリコンになろう!キャリアコンサルティング技能検定・国家資格キャリアコンサルタント試験対策のキャリ魂塾

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キャリコンになろう!キャリアコンサルティング技能検定・国家資格キャリアコンサルタント試験対策のキャリ魂塾

国家資格キャリアコンサルタント試験対策のことなら学科・論述・面接指導まで全てお任せ下さい。試験情報からマル秘予想までキャリコン試験対策オタクのキャリ魂太郎が全力で合格と実務をサポートします。

国家資格キャリアコンサルタント試験 論述試験設問1の配点について考える

国家資格キャリアコンサルタント試験の論述試験(キャリアコンサルティング協議会による。日本キャリア開発協会は除きます)の設問1の配点なのですが、

 

これ、

 

(1)

(2)

(3)

 

と3問出題されるのに、配点が20点です。

 

なぜでしょう?

 

666では足りないし、777では多い・・・

 

なので、キャリ魂太郎は、こう予想します。

 

10・5・5

 

であると。

 

なぜなら、

 

(1)は、「気持ち」や「考え」を明らかにする為の問いかけ、と記載されているのに対し、(2)(3)は、それぞれ「環境」「「職業生活設計」と1つづつです。

 

つまり、(1)の満点を狙うなら、「気持ち」と「考え」を同時に問いかける必要があると考えられます。

 

なので、(1)の配点は他のふたつの倍の10点と予想します。

 

割と自信あります。

 

キャリ魂太郎でした。

 

読んだ人だけトクをする!このエントリーの100倍以上の情報が詰まった論述対策マル秘PDFは↓からお買い求め頂けます。

キャリ魂塾のオンラインショップが誕生しました!