キャリコンになろう!キャリアコンサルティング技能検定・国家資格キャリアコンサルタント試験対策のキャリ魂塾

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キャリコンになろう!キャリアコンサルティング技能検定・国家資格キャリアコンサルタント試験対策のキャリ魂塾

国家資格キャリアコンサルタント試験対策のことなら学科・論述・面接指導まで全てお任せ下さい。試験情報からマル秘予想までキャリコン試験対策オタクのキャリ魂太郎が全力で合格と実務をサポートします。

年間200回タクシーに乗る男、キャリ魂太郎のタクシーキャリコン

はい、年間200回くらいはタクシーに乗るキャリ魂太郎です。

今日載せて頂いた、タクシー運転手さんの前職は・・・

 

バイク屋さん。

 

ほー。初めてです。興味深いですね。


私、初めて知ったのですが、バイクって、大体定価の85%位で仕入れるんですって。
(おばちゃん風)

え~85%って売れても全然儲けないじゃないですか。

DIOとかJOGが1台20万円くらい?って言ったら、もっと安いって言われて、

大体15万円くらいとすると、1台売れても22,500円の儲けじゃないですか。

そっから人件費とか引いたら1日1台売れても大赤字じゃないです?

 

メットとかパーツとかで稼ぐの?

って言ったら、あなた、運転手さんはなんて言ったと思います?

 


「そうですね、だからメンテナンスで稼ぐんです」

 


ですってよ。いやーしらんかった。


そりゃバイクもメンテは必要ですわな。


しかし、今はバイクに乗る人もどんどん少なくなっているようで、


運転手さんも30年間バイク屋をしたそうですが、

最初の10年はバカスカ売れて(バブル期でもあるかな)

次の10年はとんとん

最後の10年は鳴かず飛ばずで転職されたそうです。


でも多分バイクが好きなんでしょうね。

タクシー運転手とバイク屋だったら、バイク屋が良いそうです。


ちなみにキャリ魂太郎調べでは、


タクシーと前職を比較して、前職を選ぶタクシー運転手さんは

大体5%前後くらいしかいません。

それだけタクシー運転手はやめられまへん(某運転手さんの言)のです。


そんなわけで、年間200回くらいはタクシーにのる男、キャリ魂太郎のタクシーキャリアコンサルティングでした。