キャリコンになろう!キャリアコンサルティング技能検定・国家資格キャリアコンサルタント試験対策のキャリ魂塾

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キャリコンになろう!キャリアコンサルティング技能検定・国家資格キャリアコンサルタント試験対策のキャリ魂塾

国家資格キャリアコンサルタント試験対策のことなら学科・論述・面接指導まで全てお任せ下さい。試験情報からマル秘予想までキャリコン試験対策オタクのキャリ魂太郎が全力で合格と実務をサポートします。

国家資格キャリアコンサルタント試験を受験していない講師が作った論述試験解答例にご注意下さい。

第2回国家資格キャリアコンサルタント試験から、論述試験解答用紙が提供されるようになりました。

本エントリーは第1回試験当時ということでご理解くださいますようお願いいたします。

 

うーん、本当に、あんまりこういうこと言いたくないんです。狭い業界、仲良くやっていきたいんです。本音では。

 

しかし、こりゃちょっとね・・ってなるんですよ。

 

国家資格キャリアコンサルタント試験 論述試験 みたいな感じで検索すると、「論述模範解答例」って出てくるんです。

 

その中で(というか一つしか見ていないのですが)、気になる解答例がありました。

 


「内容」については、私は採点者ではないので何も言える立場ではありません。

 

しかし「形式」については言えます。実際に受験したから。


私がネットで見た解答例を作成された講師、おそらく受験していないんですよ。

 

だからね、明らかに「文字数がオーバー」してます。

 

こんなに書ききれません。

 

この模範解答を作成している方が、技能検定1級合格しているかもしれませんし、2級合格しているかもしれません、旧標準試験に合格なのかもしれません。

 

それはどうでもいいんです。

 

以前のエントリー↓でロープレ対策について述べましたが、

career19.hateblo.jp

 

論述試験対策でもそうですよね。

 

「国家資格キャリアコンサルタント試験」を受験せずに講師をするから、こんなことになるわけですよ。

 

それは受験生に対してどうなの?と。

 

少なくとも解答欄に収まる内容で公開しましょうよ。

 

当日はね、すごく緊張するんですよ。手も震えて字もガタガタになるんです。少なくとも私はそうなりました。

 

だから、解答欄に収められる、できるだけ少ない文字数で、問われた内容を適切に書けるよう指導するべきなんです。

 

なんでもかんでも盛り込みゃいいってもんじゃないんです。

 

(2級技能検定論述講座でも、こういった「山盛り」書かせる指導をする講師はいます)

 

こういった講師が多いので、最後発の私の講座を選んで頂けるわけですが・・受験生の立場になって考えると、すごく複雑ですよね。

 

とにかく、当日解答欄に書ききれない内容を、解答例として掲載されているケースがあります。受験生の皆様はくれぐれもご注意下さい。

 

 

実際に受験したキャリ魂太郎がお送りする、論述試験模擬試験は↓からどうぞ。

国家資格キャリアコンサルタント試験論述 - 分析力が違う!合格力が身につく!国家資格キャリアコンサルタント試験対策講座のことならキャリ魂塾 学科・論述・面接ロープレ講座オンラインショップ