キャリコンになろう!キャリアコンサルティング技能検定・国家資格キャリアコンサルタント試験対策のキャリ魂塾

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キャリコンになろう!キャリアコンサルティング技能検定・国家資格キャリアコンサルタント試験対策のキャリ魂塾

国家資格キャリアコンサルタント試験対策のことなら学科・論述・面接指導まで全てお任せ下さい。試験情報からマル秘予想までキャリコン試験対策オタクのキャリ魂太郎が全力で合格と実務をサポートします。

キャリアコンサルタント試験・キャリアコンサルティング技能検定試験 学科試験予想

はい、今日は学科試験予想DAYというわけでもないのですが、論点が色々あります。

 

次は

 

 

テレワーク

 

コレですね。

 

コレ出ますよ。多分。

 

実は、テレワーク推進すると助成金も貰えるんですよ。

 

あ、テレワークって何か知っていますか?

 

電話使ってるっぽいですよね。でも違います。

 

そして、今年5月のニュース

↓日本マイクロソフト社が在宅勤務制度を廃止してテレワーク・・

trigger-works.com

 

そう、テレワーク制度=在宅勤務制度 ではないのです。

 

私は、この4月の試験制度改正からいつも言っています。「違う言葉を使うことには(試験に関係あるかどうかは別として)意味がある」って。

 

そして我々は「言語非言語」を使って相手の変容を促す職業です。

私が心理相談員研修のときに学んだ先生は、相手の服の色でも機嫌や変容を感じられなきゃダメって言ってました。

 

それくらい言語非言語に敏感でいることが大切だと思うんです。

 

相手が「ワイフが怒るんです」といったら、私も恥ずかしがらずに「うちのワイフもそうですよ」と返します。

 

言葉も合わせる。ペースも合わせる。だから息が合う。無意識と同調する。だからラポールが「自然」と形成されるわけです。

自然とっていうのは、相手が意識せずに、ですからね。

無意識で作られるものて凄く強いんです。だから、「やめときなよ、あんな男、A子にはもっといい男がいるよ~」って言われても、自分でわかっていても、なかなか別れないんです。

 

さておき

テレワークとは

 

「在宅勤務を含め、情報通信技術(ICT)を活用した、場所や時間にとらわれない柔軟な働き方」

 

です。

 

だから在宅勤務制度を廃止してテレワーク制度を創設できるわけですね。

 

 

テレワークは要注意制度。抑えておきましょう。