キャリコンになろう!キャリアコンサルティング技能検定・国家資格キャリアコンサルタント試験対策のキャリ魂塾

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キャリコンになろう!キャリアコンサルティング技能検定・国家資格キャリアコンサルタント試験対策のキャリ魂塾

国家資格キャリアコンサルタント試験対策のことなら学科・論述・面接指導まで全てお任せ下さい。試験情報からマル秘予想までキャリコン試験対策オタクのキャリ魂太郎が全力で合格と実務をサポートします。

カウンセリングの4つの壁

私の経験上、カウンセリングには4つの壁があります。

 

・性差

・年齢

・経験

・環境

 

の4つがそれです。

 

キャリコンは別として、女性でカウンセラーをされている方の中には、サイト上に堂々と「女性専門のカウンセリングです」と謳われていることがあります。

CL側からだけでなくCCの側でも性差を感じることもあるのが現状ですね。

 

次に年齢の壁。カウンセリングに行って、学校卒業したばかりみたいなカウンセラーが出てきたら?逆に、90歳?とみまごうようなカウンセラーだったら?

歯医者さんでも、実は患者さんの平均年齢と歯科医師の年齢は結構近いそうです。無意識的に年齢の近い人を選んでしまうんでしょうね。

 

そして経験の壁。

自分の業界のことをこのカウンセラーさんは知っているのだろうか?知らないのになんでそんなことが言えるんだ?って感じの壁ですね。

 

最後に環境の壁。

両親がきちんと揃っていたあなたにはわからない、とか、芸能界のことなんて私にはわからないとか。ちょっと環境と経験は似てますけど、まあ一応分けるならそういうものですね。育ってきた環境が違うから、好き嫌いは云々。

 

こういった4つの壁って、キャリコン試験でも、男性CLが苦手だとか、学生は苦手だとかありますよね。

 

試験では致し方ありませんが、実務では系統的脱感作などで乗り越えることも出来ます。

そういう技法も覚えて置かれると良いと思います。