キャリコンになろう!キャリアコンサルティング技能検定・国家資格キャリアコンサルタント試験対策のキャリ魂塾

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キャリコンになろう!キャリアコンサルティング技能検定・国家資格キャリアコンサルタント試験対策のキャリ魂塾

国家資格キャリアコンサルタント試験対策のことなら学科・論述・面接指導まで全てお任せ下さい。試験情報からマル秘予想までキャリコン試験対策オタクのキャリ魂太郎が全力で合格と実務をサポートします。

メンタリストDAIGOさん曰く4つの悩みがあるそうで。国家資格キャリアコンサルタント面接ロープレ試験は法にもとづいて行うキャリアコンサルティングを。

メンタリストのDAIGOさんが言うには、人には基本的に下記の悩みしかないそうです。

 

健康

夢・野望

人間関係

 

まあ、どうなんでしょう。

お肌の悩みとかも健康に入れるってことなんでしょうね。

親の介護は人間関係?

 

そんなん言い出したら何でも言えるもんな。

 

アドラーは確か全ての悩みは対人関係とか言うてましたな。

 

そうかなぁ。どうしても2mのバーが跳べないとかあるんじゃないのかな。

 

まあいいんですけど、

 

キャリコンの試験で問われる悩みは

 

仕事の悩みにまつわるもの。

 

仕事の悩みといえば、人間関係かお金、もしくはやりがい。

 

これくらい極端にしとくほうが良いですよ。

 

あれもこれもきになってたら、どれについて質問していいかわからなくなりますしね。

 

フルタイムで働きたいけど、旦那が反対。

 

だけど家計がきつい。

 

子どもは私立に入れたい。

 

お金の悩みと、旦那との人間関係ですね。

 

じゃあどうして旦那はフルタイムで働くことに反対しているの?

 

なぜ私立に入れたいの?

 

家計がきついのはなぜ?どこか見直せないの?

 

質問してばっかりだと、15分、あっというまですよね。

 

それでは展開していません。

 

質問したら聴きましょう。

 

聴いて、助言と指導をしましょう。

 

これがキャリアコンサルティングです。法律で決まっています。

 

今週のキングダム読みました?

 

法とは何か?って言う問いがあったんですが、こんな風に書かれていました。

 

「法とは願い、国家がその国民に臨む人間の在り方の理想を形にしたものだ」

 

コレを当てはめると、職業能力開発促進法が、キャリアコンサルタントという国民に願うのは、「助言と指導」を行ってくれってことですよ。

 

だから15分を質問ばっかりするのではなく、必ず助言・指導を入れましょう。

 

論述でも、確認に基づいて提案という流れになっていますよね。

 

まだ傾聴ばかりでも合格できるかもしれませんが、いずれは傾聴ばかりでは厳しくなってきます。

 

早めに合格してくださいね。

 

国家資格キャリアコンサルタント試験論述 - 分析力が違う!合格力が身につく!国家資格キャリアコンサルタント試験対策講座のことならキャリ魂塾 学科・論述・面接ロープレ講座オンラインショップ