キャリコンになろう!キャリアコンサルティング技能検定・国家資格キャリアコンサルタント試験対策のキャリ魂塾

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キャリコンになろう!キャリアコンサルティング技能検定・国家資格キャリアコンサルタント試験対策のキャリ魂塾

国家資格キャリアコンサルタント試験対策のことなら学科・論述・面接指導まで全てお任せ下さい。試験情報からマル秘予想までキャリコン試験対策オタクのキャリ魂太郎が全力で合格と実務をサポートします。

トータルで説明してほしい人と、ピンポイントで説明してほしい人。

11月から、ワードプレスでのブログサイト構築に取り組んでいたのですが、一般的なテーマでの構築には心が折れてしまい、某有名テンプレートを購入しました。

 

それでもワードプレス初心者の私には、分からないことばかりで、投げ出したり、深夜に泣きぬれて蟹と戯れたり、色々辛かったです。

 

最後のハードルが、URLとカテゴリーの関係。

 

そこがどうしてもクリアできず、書店でワードプレスの本を買ったり、ググったりしたのですが、

 

最終的にはあるプラグインを入れて解決しました。

 

という前置きなのですが

 

本屋さんでワードプレスのマニュアル本(初心者向け)のものを買っても、90%以上必要のないことが書いてあるんですよね。

 

レンタルサーバーはここにしろとか、ワードプレスのインストールはこうだとか。

 

いらんねんと。

 

2,000円前後の本なのですが、90%要らない。今となっては100%要らなかった。

 

私の場合、プラモデルでも、PCでも空気清浄機でも「説明書」を読みません。

 

とりあえず作ってみる。とりあえず動かしてみる。そんな感じでやっています。

 

昔、ある漫画に「説明書はわからなくなったら読むものだ」というセリフがあって、納得したものです。

 

しかし、世の中には「情報がまとまっている」ことに価値を感じる人もいます。

 

カタチから入るひとですね。

 

パッケージ化されている情報の好例の一つに、音楽のアルバムがあります。

90年代、音楽のアルバムといえば2800円とか3000円で15曲くらい入っていた。

しかし、本当に好きなのは数曲だ、残りはいらなかったみたいな感覚というか。

 

だから今はダウンロード販売で1曲から購入できる。

 

カタチから入る人が減ってきたんじゃないのかなぁと思います。

 

とりあえず、やれるところまで自分でやってみて、分からないところはググる

 

そうしたら大概のことは解決します。

 

しかし、最初から手取り足取り教えてもらう。というのももちろんありっちゃあり。

 

資格の勉強をしに行くのに、スクールに通うというのもそういう部分があります。

 

入門編→本論編→実力完成編→答練→模試→本試験

 

というルートじゃないとなんか落ち着かないパターン。

 

私の場合は

 

過去問→テキスト→本試験

 

というパターンで、分からないところは無料ガイダンスで講師に質問。

 

そんな感じでやってきました。

 

なのでキャリ魂塾のコンテンツは、お好みでチョイスができるようになっています。

フルコースはあまりお財布にやさしくありませんしね。

 

だらだらと書きましたが、

 

アメブロにテンプレートを導入し、ワードプレスは難産の末どうにか完成。

 

音声はnoteに投稿。

 

はてなの立ち位置、考えていきたいものです。