キャリコンになろう!キャリアコンサルティング技能検定・国家資格キャリアコンサルタント試験対策のキャリ魂塾

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キャリコンになろう!キャリアコンサルティング技能検定・国家資格キャリアコンサルタント試験対策のキャリ魂塾

国家資格キャリアコンサルタント試験対策のことなら学科・論述・面接指導まで全てお任せ下さい。試験情報からマル秘予想までキャリコン試験対策オタクのキャリ魂太郎が全力で合格と実務をサポートします。

第2回国家資格キャリアコンサルタント論述試験出題の変更点

第2回国家資格キャリアコンサルタント試験を受験された皆様、お疲れさまでした。

 

そして、本日22日M7.4という地震が発生しましたが、皆様は大丈夫だったでしょうか。皆様のご無事をお祈り申し上げます。

 

私もつい先日の19日に、震度3とはいえ、事務所が5Fだからか、結構揺れたので、キャビネットに鍵をかけたり、PCを固定したりしたものですが・・・

阪神震災も経験しましたし、本当に今できる防災というものを考えなければ、と思います。

 

注意書きの追記

さて、第2回国家資格キャリアコンサルタント試験 論述試験の出題について、下記のような注意が追記されました。

 

注意:解答は全て解答用紙の行内に記入すること。裏面等に記入されたものについては採点されません。

 

これは第1回にはなかった文言です。しかも「注意」として記載されています。

 

私のメールマガジンを読んでくださっている方には、口をすっぱくしてお伝えしましたように、模擬試験でも「行からはみ出たものは一律減点」しました。

また、1行の欄に2行書くなどした場合も採点しませんでした。

 

解答用紙は、出題者との「非言語コミュニケーション」です。

 

第1回はそれを汲まなかった方が多かったのだろうと思われます。

なので、わざわざ「注意」という形で記載してきたと。

 

改めて筆記用具を考える

1行30~40文字、字は読める範囲で小さく書く。そしてはみ出さない。

何度も何度も0.3mmのシャーペンをお勧めしているのはそのためです。

カドのある消しゴムを買ってくださいとお伝えしているのも、

 

「転記しない」(転記時間が無駄)

「きれいな答案用紙を採点者に届ける」

「隣接する文字が消えるのを最小限にする」

という試験場で大切になるテクニックです。

 

いかにあなたが素晴らしいキャリアコンサルタントであろうと、字が読めなければ不合格です。欄外に書いたら減点です。

これらのことを、小手先のテクニック、と馬鹿にして指導しない方もいます。

 

しかし、合格して初めてキャリアコンサルタントになれる(資格を得る)んです。

私は、合格するためにできることは(養成講座の講師は別としても)可能な限り伝えるのが、受験指導者だと思います。

 

きれいな字は無理でも、丁寧な字を書く、そうすると時間が足りなくなる。

模試よりも時間が足りないのは無意識に「丁寧に書こうとしてしまう」からです。

 

論述試験は面接試験のモチベーションを維持するという観点からも非常に重要です。

 

第3回試験の受験を考えておられる方は、ぜひ、このエントリーの記載事項を「小手先のこと」と軽視されないよう、ご留意いただけましたら幸いです。