キャリコンになろう!キャリアコンサルティング技能検定・国家資格キャリアコンサルタント試験対策のキャリ魂塾

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キャリコンになろう!キャリアコンサルティング技能検定・国家資格キャリアコンサルタント試験対策のキャリ魂塾

国家資格キャリアコンサルタント試験対策のことなら学科・論述・面接指導まで全てお任せ下さい。試験情報からマル秘予想までキャリコン試験対策オタクのキャリ魂太郎が全力で合格と実務をサポートします。

第17回2級キャリアコンサルティング技能検定論述試験解答例3

2級キャリコン技能検定論述対策

はい、もうそろそろ他の受験指導校や受験指導講師も解答例を出している頃かと思いますが、

 

キャリ魂太郎は「実際に試験会場で50分で解き終えた」解答をご紹介しています。

(書き写す時間を10分とってあるので50分で間違いありません。)

 

・書ききれない

・試験時間以上考えた

 

「解答例」ではありません。

ありのままの解答見せるのよってなもんです。

 

 

問3目標

 

自己理解・仕事理解を十分にすることで、認知のゆがみを修正し、自己効力感を高める。又、相談者のキャリア・アンカーを確認し、子どもが自立したあとのキャリア・ビジョンも描けるようにする。そして何より相談者が元気で前向きで活動できるよう支援することを目標とする。

 

この辺から書き写した字が汚くて読めなくなってきました笑

 

修正したものがこちら↓箇条書きにするという手を使ってみました。

 

 

1.自己理解・仕事理解を十分にすることで認知のゆがみを修正し、自己効力感を高める。2.キャリア・アンカーを確認し、子どもの自立後のキャリア・ビジョン迄描けるようにする。3.1.2により相談者が元気で前向きに活動できるよう支援することを目標とする。(123文字)

 

試験会場以外で考えた内容が、試験会場でも書けるようになればベストですが、なかなかそうはいかないものですね。