キャリコンになろう!キャリアコンサルティング技能検定・国家資格キャリアコンサルタント試験対策のキャリ魂塾

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キャリコンになろう!キャリアコンサルティング技能検定・国家資格キャリアコンサルタント試験対策のキャリ魂塾

国家資格キャリアコンサルタント試験対策のことなら学科・論述・面接指導まで全てお任せ下さい。試験情報からマル秘予想までキャリコン試験対策オタクのキャリ魂太郎が全力で合格と実務をサポートします。

厚生労働省「介護事業経営概況調査」の結果

国家資格キャリコン試験情報 国家資格キャリコン試験学科対策 キャリコン実務

平成28年12月28日、厚生労働省が公表した「介護事業経営概況調査」の結果によると、


介護保険サービスを提供する施設や事業所のもうけに当る「収支差率」が、2015年度の介護報酬のマイナス改定の影響により、前年度から1.1ポイント下がった平均3.8%となっています。

その他、この調査によると、介護保険の全21サービス中の16サービスで収支差率が低下しているとのことでした。
実に8割近くのサービスで、事業経営にマイナスの影響を受けたことになります。
 
全国介護老人保健施設協議会からは
「収支差率が3.2%で、税金を払って借金を払ったらぎりぎりで回らないような状況だ。」
という意見が出ているとのこと。

報酬削減のあおりを受け、介護サービス事業所の経営悪化が懸念されます。

 

出典

http:// http://www.asahi.com/articles/ASJDY2JCMJDYUBQU004.html?iref=com_api_med_focuslist