キャリコンになろう!キャリアコンサルティング技能検定・国家資格キャリアコンサルタント試験対策のキャリ魂塾

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キャリコンになろう!キャリアコンサルティング技能検定・国家資格キャリアコンサルタント試験対策のキャリ魂塾

国家資格キャリアコンサルタント試験対策のことなら学科・論述・面接指導まで全てお任せ下さい。試験情報からマル秘予想までキャリコン試験対策オタクのキャリ魂太郎が全力で合格と実務をサポートします。

2級キャリアコンサルティング技能検定試験の面接ロープレご報告

さて、2級キャリアコンサルティング技能検定試験の面接ロープレも終わったので、そのご報告から。

 
キャリ魂太郎の当たった事例
 
田内さん。
 
主訴:近々結婚を考えているが、子育てを考えると育児支援の整った会社に転職したほうがいいのか迷っている。
 
CCの考えるCLの問題点:わずかな事例(CLが知っている、育児しながら勤務を続けていた先輩は、体を壊してしまった)を拡大して自分に当てはめてしまい、育児しながら仕事を続けることは難しいという認知の歪みが生じていること。
 
できたと思う点:面談の中で、CLが笑顔で語ってくれた点。笑顔を引き出せたことは、自分としても非常にうれしい。また、平成28年4月から定義された、キャリアコンサルティングである「指導と助言」について、指導とまでは言いにくいが、助言に関してはできたと感じる。
 
改善すべき点:もっと不安に寄り添うことができたが、そこまで至らなかった。
 
今後の支援:認知のゆがみを修正するため、会社の人事部その他の窓口で育児制度の情報を集めてもらうとともに、新ジョブカードを使って、もういちどやりがい等を整理する支援を行う。またエージェント会社への登録を伝えて、実際に転職できる会社がどのくらいあるかも確認する支援を行う。
 
前回よりはできたと思いますが、さて結果のほどは。
 
3月16日、またご報告します。