キャリコンになろう!キャリアコンサルティング技能検定・国家資格キャリアコンサルタント試験対策のキャリ魂塾

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キャリコンになろう!キャリアコンサルティング技能検定・国家資格キャリアコンサルタント試験対策のキャリ魂塾

国家資格キャリアコンサルタント試験対策のことなら学科・論述・面接指導まで全てお任せ下さい。試験情報からマル秘予想までキャリコン試験対策オタクのキャリ魂太郎が全力で合格と実務をサポートします。

国家資格キャリアコンサルタント論述試験のポイント(キャリア・コンサルティング協議会実施分)

国家資格キャリコン論述対策

午前の学科試験を受験された方、お疲れさまでした。

引き続き・午後から

論述試験を受験される方に、

 

午後の論述試験のポイントです。

 

1.問題をよく読む。
問われていることは何でしょうか。
啓発的経験と書いているのなら、ほぼ万能の新ジョブカードも使えません。

 

2.時期を読む。
来談したのは何月でしょうか。
1月や2月に来談した4年生の、就活がうまくいかないという相談に、
啓発的経験だからといって
アルバイトやインターンシップを提案するのはいかがでしょう?
CLの気持ちになって考えてみてくださいね。

 

3.法律を調べる。
派遣法の雇用安定措置
労働契約法の無期雇用転換ルール
育児介護休業法の改正

このあたりは必ず休憩時間に復習しておいてください。

 

4.行を余らせすぎない。
解答用紙の行数は

「このくらいは書いてほしい」

という出題者の非言語メッセージです。
この思いを汲み取って下さい。
逆に言えば、この思いを汲み取れないのは
相手(出題者)の気持ちに寄り添えていないということです。

 

5.行外にはみ出さない。
はみ出さないで書いて減点はありえませんが
はみ出すと減点の可能性があります。

減点覚悟ではみ出しても、
読んでもらえません。

はみ出して書く意味は全くありません。

 

6.誤字脱字に注意
誤字は減点の可能性があります。要注意。

キチンと勉強していれば、この6つを守れば合格します。

おめでとうございました^-^