キャリコンになろう!キャリアコンサルティング技能検定・国家資格キャリアコンサルタント試験対策のキャリ魂塾

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キャリコンになろう!キャリアコンサルティング技能検定・国家資格キャリアコンサルタント試験対策のキャリ魂塾

国家資格キャリアコンサルタント試験対策のことなら学科・論述・面接指導まで全てお任せ下さい。試験情報からマル秘予想までキャリコン試験対策オタクのキャリ魂太郎が全力で合格と実務をサポートします。

ふむふむ・へえへえ・ほうほうの「聴くフリ3Hマン」から脱却しよう。

国家資格キャリコン試験情報 国家資格キャリコン面接対策

キャリ魂太郎です。

 

タイトルの聴くフリ3Hマン、今思いつきました笑

 

ふむふむ

へえへえ

ほうほう

 

を繰り返し、たまにキーワードが出たら飛びついて

 

「それはお辛いですよね」

「それは嬉しいですよね」

「それは凄いですよね」

 

なんて感情を反射したり、さらっとほめたり、

 

「なるほど~なんですね」

 

とCLが今言ったことを何度も繰り返してイラっとさせる「だけ」のカウンセリングですらなく、「傾聴」ですらないもの。

 

「聴いているフリ」とでもいうようなもの。

 

呆れてCLが黙れば

 

「沈黙は相手に破らせる」

 

とばかりに「ニコニコしながらこちらも黙る」

 

これ、やられたほうはたまったものじゃありません。

 

時間の無駄。

 

だからクレームになるわけです。

 

だって相談に来る人は

 

「不安な気持ち」を抱えたうえで

 

「時間」「労力」「交通費」を費やして来ているわけです。

 

相手の立場になって考えることができるなら、こんな聴くフリ3Hで満足するわけがないと思いませんか?

 

専門家としての技法で相手の「二重の不安」を解消し、

 

専門家としての知識で「指導・教示・助言・支援」する。

 

そうしたらCLは

 

「今日は話を聞いてくれてありがとうございました(だけど時間の無駄でした)」

 

ではなく

 

今日ここにきて自分の思い込みがわかりました。明日から、いえ今日から自分がすることがわかりました。ありがとうございました

 

と言って下さるわけです。

 

何を助言していいかわからない、どんな情報提供していいかわからない

 

のであれば、それで合格しようというのが間違いです。

そのままで合格できると言っている講師が間違っているんです。

(だからキャリ魂塾では、法律や制度で押さえておくべき知識は講座でお話しします)

 

専門家・国家資格者の試験です。

 

140時間くらい勉強した元素人が「ふんふんへえへえほうほう」言って合格するほうがおかしいと思いませんか?

 

だから、学科試験の勉強をきっちりするわけです。

 

学科試験で得た知識はCLとの関係構築と助言・支援に使うためですから、「学科試験は学科試験」なんて切り離しているようでは専門家ではありません。

 

キャリアコンサルタントは、「キャリアコンサルティング」の専門家です。

「キャリアコンサルティング」とは(傾聴技法によって得られた情報に基づく)指導と助言です。

 

ここを勘違いしないようにしましょう。