キャリコンになろう!キャリアコンサルティング技能検定・国家資格キャリアコンサルタント試験対策のキャリ魂塾

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キャリコンになろう!キャリアコンサルティング技能検定・国家資格キャリアコンサルタント試験対策のキャリ魂塾

国家資格キャリアコンサルタント試験対策のことなら学科・論述・面接指導まで全てお任せ下さい。試験情報からマル秘予想までキャリコン試験対策オタクのキャリ魂太郎が全力で合格と実務をサポートします。

初回面談でアセスメントまで行っていいんだよ。キャリ協の第3回国家資格キャリコン論述試験より。

おはようございます。

 

キャリ魂太郎です。

 

キャリ協の第3回国家資格キャリコン論述試験は、

 

いまだに

 

「質問するな」

「指導するな」

「要約するな」

「言われたらそのまま繰り返せ」

「とにかくうなずけ」

「ひたすら寄り添え」

 

といった旧世代キャリコン講師の指導が間違っていると、

 

キャリ協が考えていることをよく表しています。

 

今回の出題は「2回目」の面談でした。

 

そして「前回の初回面談ではVPIを実施」と記載されているのです。

 

違和感を感じませんか?

 

そうキャリ協では

 

「初回面談で既にVPIを実施する」ところまで進めているのです。

 

これは、「気持ちを言うばかりでちっとも話が進まない」(by田中春秋先生)旧世代キャリコンに対する、キャリ協の強烈なパンチです。

 

つまり、キャリ協で受験する皆さんは、「初回面談からアセスメントを提案していい」ということなんです。

 

アセスメントを提案するところまで初回で行うから、「今日ここに来てよかったな、なんか色々書いて大変だったけど、自分の適性も分かったし、次回はこれを基にして面談を進めてくれるみたいだし、楽しみだな」

と思ってもらえると「キャリ協」は考えているわけです。

 

自信をもって、質問、情報提供してください。そして

 

「要約なんていらないよ」

「とにかく話を聞くんだよ」

「情報提供なんてしたらだめだよ」

 

なんていう「悪意のない旧世代キャリコンの戯言」に惑わされないようにしましょう。

 

キャリ魂太郎でした。

f:id:career19:20170222045753j:plain