キャリコンになろう!キャリアコンサルティング技能検定・国家資格キャリアコンサルタント試験対策のキャリ魂塾

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キャリコンになろう!キャリアコンサルティング技能検定・国家資格キャリアコンサルタント試験対策のキャリ魂塾

国家資格キャリアコンサルタント試験対策のことなら学科・論述・面接指導まで全てお任せ下さい。試験情報からマル秘予想までキャリコン試験対策オタクのキャリ魂太郎が全力で合格と実務をサポートします。

キャリ魂塾の魂

キャリ魂塾のコンテンツについて

キャリ魂塾のコンテンツ(教材・講座・ウェブサイト等)は、全てキャリ魂太郎がひとりで作成しています。 (もちろんアメブロはてなぶろぐ、ツイッター等のテンプレートや白書等の情報ソースは除きます笑)

 

あなたに見て頂いている、キャリ魂塾の公式サイトもwordpressというブログアプリを使っていますが、サイトの構築自体は私が一人ですべて行っています。 (何かあったら助けてくれるメンバーはいますが、今のところキャリ魂塾の教材に関してはひとりでやれています)

 

キャリ魂塾の提供する情報も、教材作成も講座資料も一切外注していません。

キャリ魂塾のコンテンツを外注できない理由

そりゃもう、外注したいですよ。眠りたいですよ。

でも、自分が納得の行くものを好きなように、とことんこだわって作ろうと思ったら、結局自分が全て作るしかなかったんですね。

キャリ魂塾の全てのコンテンツの責任を持つ

なので今、世に出ているキャリ魂塾の資料・講座内容に関しては、 全ての質問に私が答えますし、 私にしか答えられません。

落丁・乱丁・誤字・脱字・・その他のミス、全て私の責任です。

他の誰にも責任転嫁しませんし、できないです。 模試の採点・講評の字が汚いのも、全て私が採点しているからです。

 

論述模試の模範解答ももちろん私が作成していますから、どのような意図でそう書いているかも全て根拠があります。

(このような家内制手工業でやっているので、いずれ組織体制に移行したいとは思います。)

コンテンツのリアルタイム性・重要性

でも、私ひとりでやっているからこそ、リアルタイムで皆さんに情報をお伝えすることができます。

情報の取捨選択にも自信をもってお伝えすることができます。

極論、試験日の朝に気づいた重要情報をお届けすることだって、外注じゃないから可能なわけです。

第1回試験を受験する意味

受験指導校の講師には2種類います。簡単です。

 

 

「雇われ」か「雇われではない(自営)」か

です。

 

私の場合、サラリーマンではないから、試験は全て自腹を切って受験するわけです。

(合格しても手当はもちろんつきません笑)

 

養成講座の講師は、みんなサラリーマン(本業で自営されているかは別として)です。

だから自腹で第1回国家資格キャリアコンサルタント試験を受験した養成講座講師は、おそらく殆どいないでしょう。

会社がお金を出してくれて受験した方は、少しはいるかもしれません。

 

そして、講師が受験するとしたら、「第1回」だから意味があるんです。

 

どんな出題がされるのか、実際にどんな採点がされるのか、誰もわからない。

この状況で「自分がこれまでやってきたことが「国家試験」に通用するのかチャレンジするだから意味があるんです。

 

第2回試験受験じゃもう「講師が受験する」意味がない。そんなの、合格者の枠が(あるなら)減るだけです。

 

私は、自分がやってきたことを、他の受験生と同じ条件で受験しました。そして全ての評価項目でA判定の評価を頂いて合格しました。

その結果があるからこそ、自信をもって自分のやり方で指導できるんです。

(受講生の方からのお話を聞く限りでは、養成講座の講師が言うこと、本当に的外れです。別に私を信じろとは言いませんが。)

 

論述で何を書いたか、面接ロープレでどう答えたか、試験終了直後から、可能な限り記録しています。

何のために受験したか、「受験指導のため」に受験したからです。

 

「自分がなぜ合格したか分からない」のに、受験指導なんてできないでしょう。

 

今月、このhttp://career19.linkのサイトを作るために、アラフォーの手習いでイチからwordpressの勉強もしました。

今もphpってなんやねん、とベソを書きながらサイトのユーザビリティを上げるために試行錯誤しています。

 

こんなことをしていても、誰もお金をくれないのが「雇われではない」講師です。

じゃあなんでやるのか、と言われたら 「意地」 としか言いようがないです。

 

1級の勉強なんて1秒もしていません。が、とにかく今はこのwordpressを使いこなせるようにならないと、より多くの受験生の方に情報をお伝えできません。

最近になってやっと検索してヒットしてくれるようになりましたが、10月はググっても全然ヒットしなかったので、せっかくの情報が届けられず、悔しい思いをしました。

なので余計意地になるんですね。

 

インターネットというのは、

 

「本当に知りたい情報を探すのが難しい」 ツール

 

だと思います。

 

自分にとって必要のない情報の中から、「自分が」「今」必要としている情報を探す、というのは大変な時間のロスです。

 

最大手の資格予備校のサイトに、キャリコンの論述試験情報載っていますか?載っていないんですよ。

 

でも「キャリコン」「論述」受験対策」で検索したら、そこが上位に来たりするわけです。

なので、こうやって何とか検索上位に来るように、サイトを作りこんで、有益な情報を発信していきたいと思います。

キャリ魂塾の魂

キャリ魂塾を初めて、嬉しかったことが2つあります。

 

ひとつめは、教材・講座のリピート率がものすごく高いことです。

残念ながら今のオンラインショップにはリピート率を測定する機能がないので、いちいち集計しているわけではありませんが、とにかくリピート率がハンパなく高いです。

私の作成した教材やキャリ魂塾としての考えが、受講生の方に受け入れられていることを嬉しく思います。

 

ふたつめは、とにかくお礼のメールを良く頂きます。本当に嬉しいです。心よりお礼申し上げます。ありがとうございます。 でも、合格してからでいいです。その時間勉強してください笑

 

リアルの講座では休憩中も終了後もお話をしますので、直接「合格保証(不合格の場合の全額返金)付」の特訓講座で、受講生の方に

 

「これで不合格だったら私が悪い、先生は悪くないからお金は返さなくていい」

 

とまで、言って頂けたことは今思い出しても目から汗が出ますね。

 

その言葉も含めて、キャリ魂塾の受講生(教材購入者含む)の皆様の温かい言葉が、本当に凄く自信に繋がりました。

(もちろん、私も男ですから、万が一その方が不合格になったら、受講料は返却しますよ笑)

 

キャリコン試験ってクソ高いじゃないですか。

 

その上、キャリ魂塾の教材を使って頂いているわけですから、講座を受講された皆さんには何とか合格して頂きたいと思っています。

 

前置きが長くなりましたが、

 

キャリ魂塾は、

「受験生が必要とする情報」を「根拠をもって」お伝えします。

「根拠のない、いいかげんな情報」で受験生を惑わせません。

それがキャリ魂塾の「魂」です。

 

解答用紙も見たことのない講師が、なぜ論述の解答を指導できるんですか。

なぜ国家試験を受験していない講師が、「ロープレではCLは話さない」とか言えるんでしょう。

「要約を入れたら落ちるから傾聴に徹しろ」なんて、逆に受験していない方ならではですよね笑

 

キャリ魂塾は、そんな「魂」の入っていない指導はしません。

 

学科・論述試験まであと1週間。 面接・ロープレ試験まであと2週間(JCDAのことは置いといて) ラストスパートですね。

 

私も論述採点をどんどん返却していきますので、一緒に頑張りましょう。

 

あ、こういうところで最後に嫁にお礼を言うのってなんかかっこいいと思いません?

なので私も、いつも助けてくれる嫁に感謝を込めて、ありがとうございます。

いつもタクシーばっかり使ってすみません。

 

ということで、皆さんも↓タクシーキャリコン、ヒマなときにでも聴いてくださいね。たぶん一番お金かかってますので笑

キャリ魂太郎のタクシーキャリコン